アントシアニンは、疲れや年齢からくる目のしょぼつきやかすみ、ぼんやりを予防する働きがあります。

これまでに行われた多くの実験では、夜間視力の向上や疲れ目の改善にも有効であることが明らかになっています。

そんなアントシアニンを摂取できるサプリを10種類厳選してピックアップしてランキング形式でご紹介します。

アントシアニン配合サプリは、ブルーベリー、ビルベリーなどのベリー類を原料にしていて、「ビルベリーエキス〇㎎配合」と表記していますが、注意が必要なのは、ブルーベリーやビルベリーのエキス配合量が多ければ、アントシアニンをたくさん摂取できるというわけではありません。

また、アントシアニン量が多くても、吸収率が低ければ残念な結果になってしまいます。

ここでは、アントシアニン量が多く、しかも吸収率が高いサプリをご紹介します。

アントシアニンサプリおすすめランキング

1位 めなり

目の健康によいと大人気の「めなり」は、たくさんあるアントシアニンサプリの中で最もおすすめできるサプリです。

めなりはビルベリーエキス170㎎のうち62.9㎎のアントシアニンを摂取できる業界最高峰のアントシアニンサプリです。

ビルベリーやマキベリー、ブルーベリーといったベリー類のエキスの配合量が多いからといって、アントシアニンをたくさん摂取できるとは限りません。

実際に摂取できるアントシアニン量が豊富なものを選びたいですね。

「めなり」は通常価格が3,980円ですが、定期コースで購入することによって、初回特別価格が907円となります。1日あたりのコストはたったの30円!

15日間の返金保証もついているので、気軽に試してみることができますね。

2回目以降も2,980円で買うことができます。定期購入にありがちな、購入回数条件もないので、安心して定期コースに申し込むことができます。

たくさんあるアントシアニンサプリの中で「めなり」をおすすめする理由とは?

 

2位 北の国から届いたブルーベリー

やわたの北の国から届いたブルーベリーは目の疲れ解消によいと言われるアントシアニンをブルーベリーの3倍以上含んでいるビルベリーを使ったサプリメントです。

ビルベリーエキスを1粒に200㎎配合している他、βカロテン、EPA、DHA、コエンザイムQ10、メグスリノキエキス、ルテイン、カシスエキスを配合して、総合的に目の健康をサポートします。

北の国から届いたブルーベリーは700万袋以上売れている人気サプリです。

「らくらく定期便」という定期コースで購入することによって、5%OFFの2,052円+送料で購入することができます。

 

3位 えがおブルーベリー

えがおブルーベリーはアントシアニンをたっぷり摂取できる眼精疲労に効くサプリ。体内への吸収率も高い北欧産ビルベリーを使用しています。ヒスチジン、リジンという2種類のアミノ酸とビタミンCを配合して、アントシアニンを安定化させているので、効果を時間する人が多いサプリです。

えがおブルーベリーは、吸収型ビルベリーエキスを採用しているので、吸収率が200%と、非常に吸収性の高いサプリです。

えがおのブルーベリーは通常価格1,728円ですが、定期購入にすることで、初回は980円で購入できます。

 

4位 えんきん

ファンケルのアントシアニンサプリである「えんきん」は日本初の目の機能性表示食品で、手元のピント調節力の改善に有効です。

えんきんは、抗酸化力の強いアスタキサンチンの配合量が多く、DHAが配合されているのも魅力です。

えんきんは、通常価格は2,160円ですが、2週間分を1,000円でお試しできるコースがあります。

定期購入にすると1ヵ月分を1,944円で継続購入することができます。

 

5位 みやびのビルベリープレミアムα

みやびのビルベリープレミアムαは目の健康によいアントシアニンをたっぷりと摂取できるように、ビルベリー、マキベリー、エルダーベリー、カシス、ルテイン、ビタミン類がたっぷりと使われているサプリです。

1日分でアントシアニンを含むビルベリーエキスを120㎎摂取することができます。

定価は1,687円ですが、定期購入にすると1か月分を1,518円で購入することができます。

 

6位 大正ブルーベリー

大正製薬が販売する大正ブルーベリーは、フィンランド産の野生のビルベリーを使用したアントシアニンを摂取できるサプリです。

フィンランド産のビルベリーは、強い生命力が特徴で、アントシアニンをたっぷり含んでいます。夏には白夜になる北欧の広大な森林で、太陽の日差しを受ける時間が長いので、紫外線を浴びる量も他の地域のビルベリーより多くなります。だからアントシアニンの生成量も多くなるというわけです。

大正ブルーベリーは、1日分にビルベリーエキスを80㎎配合しています。

大正ブルーベリーは定価3,200円ですが、初回30日分お試し価格は1,000円で購入することができます。

 

7位 ブルーベリー&ルテイン

リフレの「ブルーベリー&ルテイン」は、アントシアニンが豊富に含まれるビルベリーを原料とし、ルテインも配合した目の健康に良いサプリです。酷使した目の疲れをとり、目の黄斑部の健康を維持するのに有効です。

目の疲れを改善するビルベリー由来アントシアニンを40mg配合しています。

リフレの「ブルーベリー&ルテイン」は通常価格1,580円ですが、定期コースで申し込むと、初回は1,000円で購入することができます。

2回目以降も1,535円という続けやすい価格で継続することができます。

 

8位 ルックルックベリー

ルックルックベリーは1日分2粒にブルーベリー376個分のアントシアニンを含み、目の疲れ改善をサポートするサプリです。

ブルーベリーの王様といわれる「ビルベリー」と、ミラクルフルーツといわれ、海外セレブの間で話題になった「アサイー」を配合しています。

ルックルックベリーは通常価格は2,028円+送料ですが、定期コースで申し込むことで、送料は無料になり、初回は1,000円で2ヵ月分を購入することができます。

 

9位 DHC速攻ブルーベリー

DHCの速攻ブルーベリーというアントシアニンを摂取できる目の健康に良いサプリは、同社のDHCの「ブルーベリーエキス」より有効成分が溶け出すスピードが約3倍早く、配合成分も3種類増えています。

1日分でブルーベリー約540粒相当のアントシアニンを摂取できるサプリです。

さらに、クロセチンやルテイン、アサイーなど、目の疲れを改善する成分を配合。

価格は1日あたり約49円とDHCならではの続けやすい価格です。

 

10位 ディアナチュラスタイル ブルーベリー×ルテイン+マルチビタミン

ディアナチュラの「ブルーベリー×ルテイン&マルチビタミン 」はアントシアニンを含むブルーベリーに、ルテインを配合し、さらに14種類のビタミンも配合した眼精疲労に効くといわれるお手頃価格のサプリです。

ディアナチュラの「ブルーベリー×ルテイン+マルチビタミン 」は1袋に20粒入っています。

1日1粒が目安なので中途半端ですが20日分となります。価格は680円です。

 

たくさんある「アントシアニンサプリ」の中でも「めなり」をおすすめする理由とは?

たくさんあるアントシアニンサプリの中でも「めなり」をおすすめするのには、もちろん理由があります。

「めなり」をおすすめする理由は次の8個です。

  1. アントシアニンを摂取できる量が業界最高峰
  2. アントシアニンの吸収率が203%と身体に吸収されやすい
  3. 目の健康によいあらゆる成分が配合されている
  4. ルテイン配合量が12㎎と豊富
  5. 93.9%がリピートするリピート率の高さ
  6. 成分だけでなく配合量まですべて表示している
  7. GMP認定工場で製造されているので品質が確か
  8. 15日間返金保証付きで安心

アントシアニンを摂取できる量が業界最高峰

アントシアニンを摂取できるサプリメントはおおむね、「ブルーベリー」や「ビルベリー」「アサイー」などを原料にしています。

しかし、これらのエキスの配合量が多ければ、摂取できるアントシアニンの量も多いかというと必ずしもそうとは限らないのです。

配合しているエキスのうち、アントシアニンの割合がどれだけあるかによって、アントシアニンの量は異なります。

ビルベリーエキス配合量が100㎎でも、アントシアニンの割合が30%なら、アントシアニン量は30㎎となります。

「めなり」はビルベリーエキスを170㎎配合していますが、そのうち37%の62.9㎎のアントシアニンを摂取できます。

アントシアニン量を公表していないサプリが多い中で、「めなり」はすべての配合量を公表しているのも好感が持てます。

ちなみに独自に調査したアントシアニン量で比較すると、次のようになります。

めなり 62.9㎎
北の国から届いたブルーベリー 60㎎
えがおブルーベリー 59.2㎎
ブルーベリー&ルテイン 40㎎
ビルベリープレミアム 37㎎
ルックルックベリー 37㎎
大正ブルーベリー 29.6㎎
えんきん 2.3㎎

 

 

アントシアニンの吸収率が203%と圧倒的に高い

そして、アントシアニンの効果を得るためには、配合量だけでなく、アントシアニンの吸収率も重要な要素です。

ビルベリー吸収量を比較すると次のようになります。

めなり 203%
えがおブルーベリー 200%
ブルーベリー&ルテイン 200%
えんきん 100%
ビルベリープレミアム 100%
大正ブルーベリー 100%
北の国から届いたブルーベリー 100%
ルックルックベリー 100%

 

めなりはアントシアニンの吸収率にもこだわっています。

アメリカで特許を取得している吸収率が203%という驚異の吸収率を誇るビルベリーを原料にしています。

他のアントシアニンサプリでは、「めなり」よりたくさんの有効成分を配合しているサプリもあります。

しかし本当にアントシアニンの効果を実感するためには、配合量はもちろん、吸収率が高くなければ意味がありません。

目の健康によいあらゆる成分が配合されている

「めなり」は目にいいと言われる「ゼアキサンチン」と「ルテイン」が1:5で配合されています。これはそれぞれの効果効能をもっとも引き出す割合と言われています。さらにルテインの吸収率が高いのも特徴です。

クロセチン

クロセチンは眼精疲労を改善したり、疲れ目からくる肩こりや血流の改善に有効といわれています。

クロセチンを配合していることによって、目にいいサプリとしてのレベルが高くなっています。

亜鉛

アメリカ疫学調査で抗酸化ビタミンと、亜鉛を一緒にとったところ、加齢黄斑変性症の進行スピードを抑えられたという事例があります。

目が光を感じるために必要な「ロドプシン」という物質の再合成の際には、ビタミンAが必要です。

亜鉛には、このビタミンAを運ぶ働きがあります。

そのため亜鉛が不足すると、ビタミンAの運搬が滞り、網膜でロドプシンが不足してしまうため、目の前がぼやけてしまうことがあるのです。

さらに、ルテインと亜鉛を一緒に摂ると眼病予防効果が高くなるという研究報告があります。

「めなり」の配合成分を確認

めなりに配合されている目にいいと言われる有効成分は次の通りです。

・アントシアニン
・ルテイン
・ゼアキサンチン
・クロセチン
・βカロテン

これらの働きは

アントシアニン・・・目の疲れを回復させる効果があるルテイン・・・抗酸化作用が強く、眼病予防の効果がある

ゼアキサンチン・・・抗酸化作用が高く、眼病予防に期待される

クロセチン・・・目の疲れを改善したり、疲れ目からくる肩こりや血流の改善

βカロテン(ビタミンA)・・・夜間の視力をサポート

ルテイン配合量が12㎎と豊富

めなりは1日量にルテインを12㎎配合していて、アントシアニンとともに豊富な配合量を誇っています。

ルテインは、人間の体内では主に目の中の黄斑部や水晶体に存在しており、特に目の健康に有効と言われていて、ブルーライトなどの有害な光を吸収する作用があります。

93.9%がリピートするリピート率の高さ

一度「めなり」を飲んだ人のリピート率が93.9%と極めて高いのは、効果を感じている人が多くいるということです。

成分だけでなく配合量まですべて表示している

サプリメントのパッケージにはもちろん原材料が明記されていますが、その配合量(栄養成分)まですべて記載しているサプリメントは少ないです。

それは、主要成分と言いながら、配合量が少ないことがあるからです。

だから、原材料だけでなく、配合量まですべて明記している「めなり」は自信を持っておすすめできるというわけです。

GMP認定工場で製造されているので品質が確か

サプリメントは、自分の体に入れるものだから、配合成分がどんなに多くても、品質や安全性のほうが重要です。

サプリメントがどのようにして作られているのか、衛生管理は適切なのか、そのような製造プロセスは私たちには見えません。

では品質を判断する材料はないかというと、判断する基準があります。

その基準がGMP認定工場で製造されているかどうかということです。

GMPとはGood Manufacturing Practice(適正 製造規範)の略で、原材料の受け入れから製造、出荷まで全てのプロセスにおいて、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれていることを第3者機関によって証明されていることです。

つまり、GMP認定工場で製造されているということは、高レベルで衛生管理がされている工場で製造されているということですから、「めなり」は安心感が違います。

15日間返金保証付きで安心

「めなり」は購入して15日以内であれば、返金してくれるのです。飲み切っていても返金してくれるので、購入のリスクがありません。

15日間は短いかもしれませんが、めなりの愛用者の多くが数日で「何かしらの違い」を感じています。

サプリメントは薬ではありませんから、本当の意味で効果を実感できるまでには3~4ヶ月かかります。しかし「良さそうかどうか」ということは数日飲めば判断できるのではないでしょうか?

アントシアニンサプリの中でも最もおすすめできるというのは、このような理由があるからです。

もう一度「めなり」をおすすめする理由をまとめると

  1. アントシアニンを摂取できる量が業界最高峰
  2. アントシアニンの吸収率が203%と身体に吸収されやすい
  3. 目の健康によいあらゆる成分が配合されている
  4. ルテイン配合量が12㎎と豊富
  5. 93.9%がリピートするリピート率の高さ
  6. 成分だけでなく配合量まですべて表示している
  7. GMP認定工場で製造されているので品質が確か
  8. 15日間返金保証付きで安心

これが「めなり」をおすすめする理由です。

アントシアニンサプリの購入を考えているなら「めなり」を試さなければもったいない!「めなり」を最もお得に、かつ安全に購入するには公式サイトがおすすめです。公式サイトはこちらから

 

アントシアニンの効果

アントシアニンは視機能を改善する効果だけでなく、他にもさまざまな効果が期待されています。ここでは、アントシアニンに期待される効果をまとめました。

視機能改善効果

ベリー類に多く含まれるアントシアニンは、ロドプシンの再合成をサポートする働きがあります。

ロドプシンとは、目の網膜にある紫色の色素で、ロドプシンに光が当たる事によって生じる信号が脳に送られて、『ものが見える』と、認識されます。

しかし、ロドプシンは光を受けると、ビタミンAに分解され、もう一度ロドプシンに再合成されます。

長時間目を酷使し続けると、ロドプシンの再合成が間に合わず、ロドプシンは減少していきます。

ブルーベリーなどに多く含まれる色素のアントシアニンには、ロドプシンの再合成をサポートすることで、目の疲れを回復し、視力を改善する働きがあると考えられています。

アントシアニンは網膜に張り巡らされた毛細血管の保護・強化作用、血液循環を向上させる効果や、角膜・水晶体などに含まれるコラーゲンを安定させる働きもあると思われます。

アントシアニンの効果があらわれるまでの時間

アントシアニンの眼精疲労回復、視力改善作用には、即効性があります。

アントシアニンの摂取後4時間程で効果があらわれ、24時間程度で消失するとされています。
ウサギによる実験では、アントシアニン投与後約10分で、アントシアニンを投与されていないウサギに比べて約2倍のロドプシンが確認されたとの事例があります。

夜間の視覚機能改善

アントシアニンの研究が進められるきっかけとなったのは「第二次世界大戦中に、イギリス軍のパイロットがブルーベリーのジャムを食べたところ、暗い所での視力が改善し、はっきりと物が見えた」という報告があったからです。

アントシアニンの摂取によって、夜間の視覚機能、暗順応機能を促進し、いわゆる「夜目が効く」という事例があります。

アントシアニンの研究は1915年くらいから始まっていたそうですが、1964年には、アントシアニンを摂取することで視力が改善し、夜目が効くようになったとの臨床データが発表されています。

糖尿病性網膜症の予防

糖尿病で本当に怖いのは合併症です。

その合併症のひとつが糖尿病性網膜症です。毛細血管のトラブルによる網膜剥離などを引き起こす可能性があります。

アントシアニンの一種、デルフィニジンには、毛細血管のトラブルを解消する高い効果があるとされていて、糖尿病性網膜症の改善にも有効と考えられます。

アントシアニンの抗酸化作用

アントシアニンは、万病のモトと言われている活性酸素を除去する抗酸化作用が認められています。

活性酸素は、紫外線やストレスなどで体の中に発生し、大量に発生すると、ガンや脳卒中、動脈硬化を引き起こすリスクが高まります。

アントシアニンと同じ抗酸化作用のあるものとして、ビタミンCがありますが、アントシアニンはビタミンCよりはるかに強力な抗酸化作用があります。

コラーゲン安定作用

アントシアニンにはコラーゲンを安定させる作用があります。

コラーゲンは美肌のモトとして美容製品によく使われていますね。コラーゲンは皮膚の弾力性を保つたんぱく質で、みずみずしい肌を保つのに必須の物質です。

コラーゲンは目の角膜や水晶体にも多く含まれています。

アントシアニンは大切なコラーゲンの合成を促進するので、目の角膜や水晶体の健康維持をサポートするのです。

毛細血管を強化する

アントシアニンには、ビタミンPに似た働きがある事が分かっています。

ビタミンPは、フラボノイドとも呼ばれ、血小板の凝固を抑制し、血液をさらさらにする働きがあります。

つまり、アントシアニンにも血管の保護・強化、循環機能の改善が期待できるということです。

抗炎症作用

アントシアニンには炎症を押さえる働きも確認されています。

アスピリンの10倍ともいわれる抗炎症作用を持っていて、胃にも負担がかからないという特性を持っています。

肝機能向上・高血圧改善

農林水産省の実験で、肝障害のラットにアントシアニンを含むアヤムラサキジュースを飲ませると、血液中の有害物質が3分の1まで低減したことが確認されました。

この実験の結果から、アントシアニンは肝機能を向上させる働きがあることが考えられます。

最近の研究では、アントシアニンが血圧を上昇させる酵素の働きを阻害することが明らかになり、血圧抑制効果もあると考えられています。

アントシアニンサプリの副作用

視機能改善だけでなく、さまざまな健康効果のあるアントシアニンですが、副作用や健康被害はないのでしょうか。

アントシアニンは摂取後24時間で体外に排出され、飲みすぎたとしても余分な分は吸収されないので、副作用の心配はほぼありません。

天然の色素であるアントシアニンは子供から年輩の方まで安心して飲むことができます。

サプリメントは用法・用量を守りましょう

アントシアニンサプリだけではなく、サプリメントは手軽に飲めることもあり、過剰摂取になりやすいというデメリットがあります。

アントシアニンは余分に摂っても吸収されずに体外に排出されるので問題はありませんが、アントシアニンサプリには、他にも目の健康によい成分を配合しているものがほとんどです。

ルテインやビタミンE、ベータカロチン、クロセチンなど他の成分も合わせて配合しています。

これらの中には過剰摂取によって健康被害が発生するものもありますので、1日の用量を守って飲むようにしましょう。

例えば、ビタミンBやビタミンCといった水溶性のビタミンは過剰摂取しても体外に排出されますが、ビタミンEやビタミンAは体内に蓄積されて健康被害のリスクがゼロではありません。

アントシアニンサプリの効果的な飲み方

アントシアニンサプリは1日の摂取量や飲むタイミングによって実感する効果が変わってきます。

アントシアニンサプリの1日の摂取量は?

アントシアニンサプリは1日どのくらい摂ればいいのでしょうか?

理想的なアントシアニンの摂取量は1日40~90mg程度です。

ただし、気をつけたいのはサプリメントの表示欄に書かれている「ブルーベリーエキス」や「ビルベリーエキス」の量とアントシアニンの量は同じではないことです。

例えば、ビルベリーエキス200mg、そのうちアントシアニン36%のサプリであれば、アントシアニンの量は約72mgになります。

サプリメントを購入する際にはアントシアニンの量が1日の摂取推奨量を満たしているかどうかも考えたいですね。

ちなみに、このサイトで最もおすすめしているアントシアニンサプリは「めなり」ですが、めなりはビルベリーエキス170㎎を配合しており、そのうちアントシアニン量は62.9㎎です。

アントシアニンサプリを飲むタイミング

アントシアニンサプリを飲むタイミングは朝食後がベストです。

アントシアニンの効果が持続するのは24時間程度と言われています。

アントシアニンは即効性が高く飲んでから3時間程で効果があらわれます。

仕事が始まる(目を酷使する)3時間ほど前に飲んでおくのが良いということです。

もっともサプリメントは食品ですから、摂取するタイミングが決められているわけではありません。

アントシアニンの効果が24時間程度続くなら、いつ飲んでもOKということです。

毎日継続できるように、飲むのを忘れないように、同じタイミングで飲む習慣をつけるほうが大切です。

ルテインと一緒に摂取すると効果的

アントシアニンとルテインは相性抜群です。

ほうれん草・かぼちゃ・ケール・ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれているルテインは紫外線やブルーライトの害から目を守る働きがあります。

アントシアニンとルテインを一緒に摂取すると吸収力が高まるので、とても目に良いと言われています。

【関連記事】
眼精疲労の症状をチェックして、恐ろしい眼精疲労に素早く対処
緑内障の原因とストレスの関係を考察
ドライアイの症状である涙が出るのを治すには
加齢性黄斑変性症の治療にはルテインが有効
アレルギー性結膜炎が起こるのはなぜ?
流行性角結膜炎の症状と治療法について
老眼とは調節力が低下してくること
ドライアイが増えている
白内障の初期症状について|こんな症状があったら要注意